2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Taemin☆SM公式Goods

1月25日ようやく公式のSHINeeグッズが発売されました!
人気が出てきた証拠なのかな!?うれしいですね~。

クリアホルダーと、ステッカー、パスカードステッカーです。
公式の発売告知 → こちら

韓国のお知り合いが、金曜日に狎鴎亭に行く用事があるというので
お願いして買ってきてもらいました。それが今日に届くという…
やっぱり近いお隣の国ですね、韓国は^^


いるものメールしてって言われたんだけど…その私のメール↓

全部SHINeeで
☆L-HORDER
5種類あると思うのですが、Taeminを3枚

☆PASS CARD STIKER
5種類あると思うのですが、これもTaeminを3枚。

☆STICKER
何種類あるか、わからないのですが…
Taeminが写ってるのを3枚。

…(笑)


goods3.jpg
L-HORDER 4,500W 裏面は写真なしです。


goods4.jpg
PASS CARD STIKER 5,000W 5種類ではなくて、全部一緒になってるこれだけですって。


goods1.jpg
STICKER 5,000W これは1種類。


goods2.jpg
STICKER 5,000W Ring Ding Dongの方は、それぞれあって5種類あるみたい。


張り切って、きれいな画素数でスキャンしたんだけど、ちょっと左側が…。
それと、てみんのしか購入してなくて…ごめんなさいね^^;
スポンサーサイト



| Taemin★goods | 21:07 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1.26☆Hallo baby ep.2-3

~SHINeeパパはユグンと楽しい時間をすごしました~

しかし!そこにおにゅパパはいません…
ユグンが近づいてくると、避けて…逃げる…
近くにいるようで、心は遠く…


01311.jpg

O「遠くから見るのはいいけど、近くにきたらどうしたらいいかわからないんだ…。」

~SHINeeパパのかわいいユグン~

01312.jpg


J「キスして、キス!」
(キスするけどミノが邪魔でカメラに収まらず…)
J「キスしたよ!僕にキスした!もう一回!撮って!」
(ミノとキスするユグン)
M「撮った?キスしたところ、撮れた?」
J「僕が最初にキスしたんだよ。」 M「でも撮れてないだろ。」

~SHINeeパパのステージが10分後に迫る~
M「ユグン、僕らは収録に行かなくちゃ。」
(離れたがらないユグン)
M「離れたくないって。ねぇユグンが離れたくないって。」
J「ユグンはミノしか見てないよね。
 僕のとこ来るって聞いたら、イヤだって。」
M「さよならって言ったら怒ったよ。さよなら言いたくないって」

~ユグンはママからも顔をそむけた~
M「ママでもいやだって。どうしよう。」
ユグンのママ「どうしたの?」
M「後で会いたい?」 O(ユグン、後でね~)
K「ユグン、後でね~。バイバイ~。」
ユグンのママ「どうしたの?怒ってるわ。本当のパパみたいね。」

~パパ達も離れたくないみたい~
ユグンのママ「こっちでパパ達のステージ見てましょう。」
M「また、すぐ会えるよ~キスして!」
(顔をそむけられる)
M「イヤだって。怒ってる。」
O、J、T、K、M「バイバ~イ!」
~パパって理解してくれたみたい(ミノとポッポ)~
Y「バイバ~イ!」 K「後でね~!」


~SHINeeパパとつかの間の別れ!~

01313.jpg
01314.jpg

この前の記事でここまであげるべきだったね、きっと…。
脈略のないキャプで、てみん重視のキャプで…ごめんなさいね~。

てみんちゃんの投げキッス(>o<)

| SHINee☆Hello baby2 | 19:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SHINee☆スタイリスト ハ・サンベク

てみん達に、わけわかんない服をチョイスしてくれるお兄さんのインタビュー。
English sub Ver.を見つけたので貼り付けおきます。




いろいろ引っ張り出してきてるTシャツが、
どれもこれも「ふ~ん…」って感じだったのは…私だけですか?笑

素敵なお洋服、選んであげてよ!!!

| SHINee | 09:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1.26☆Hallo baby ep.2-2

~突然、いい雰囲気に~
M「うれしそうだね~!ユグン、兄さん達どうだった?好き?ダメ?」
Y「好き~。」 M「好きなの?」

~SHINeeパパは幸せ~
M「どのぐらい?どのぐらいなの?」
Y「このぐら~い。」 M「そんなに?」
K「ユグン、好きだったらかわいい顔して~。」
Y(ニコ~^^) K「かわいい!」

01307.jpg


~笑い声がひびく家~

~翌日…SHINeeパパは、仕事に~
T「ユグンここに来たらおもしろいんじゃない?」
M「でも、ユグンは僕たちが歌手って知らないよ。」
T「彼は“Ring Ding Dong”もたぶん知らないね。」
K「なんで来ないのかな?」
T「もうユグンが来る時間だよ。」

~ユグンが来るのを待つSHINeeパパ~
Y(ノック)
T、M「ユグン~!」

~かわいい彼はSHINeeを盛り上げます!初めてスタジオに来たユグン~
M「ユグン、誰がこの髪の毛くくってくれたの?」
(ユグンは顔を見てくれない)
M「ユグン、ユグン?」
J「ユグン、こっち見て。(…)こっちも見てくれない。」
M「驚いてるみたい。」
K「たくさんの人がいるからじゃない?」


T「兄さん、あれしてあげたら?たかいたかい。」

01308.jpg

M「ユグン、一緒に上がるよ~。たかい、たか~い!」

~テミンパパは帽子を用意したと突然言い出して~
T「ユグン、帽子を用意したよ。」

~ユグンがにらみつける~
K「大きすぎるよ。」T(ごめん~)

~Keyは突然ユグンを抱き上げてどこかへ~
M「どこ行くの?」
(楽屋から出て行く…)
K「どこ行こうか?」

M「どうして連れて行くの?つれてったら、僕たち何したらいいの?」
T「1人でここに来たって言ってた。」
M「信じられる?ちょっと考えて!」
T(パンチ)
M「ちょっと考えて。はるばるここまで歩いてきたの?寒いし無理だろ。」
(テミンも歩いて来れないとは思うけど…)

~Keyパパはどこかへ行きます~
K「K.willおじさんだよ~。」
K.Will「こんにちは~。」

K.Will「ん?誰がおじさんって?」
K「ハハハ…。だって彼も僕のことおじさんって言うから。」

~Keyパパはステージにつれて行きました~
K「ユグン、ここはどこでしょう。楽しい?」

~ファンの視線が集中~
K「僕の子供だよ~。」

~SHINeeパパのファン?ユグンのファン?~
K「あのお姉さん達、誰だろう?」

スタッフ「リハーサル始めるよ。」
K「これが終わったら戻ってくるね。」

~リハーサルの間、ちょっとだけお別れ~

(テミンとミノが観客席にユグンと一緒に座る)

01309.jpg

T「ユグン~。」
M「あそこ、見える?」 T「Keyパパだよ。」

~Keyのリハーサルが始まる~
T「Keyパパだよ~。」

~ファンの感心はステージよりユグンに~
(おにゅとジョンヒョンは楽屋で見学)

~Keyのかっこいいステージがユグンを喜ばせ…ファンを喜ばせる…
 ユグンのステージ見学は終了!~

T-ara「こんにちは~。」
Y(誰?)
T-ara「誰の子供なの?」
T「僕たちが世話してる子だよ。」
T-ara「かわいい~。」
T「名前はユグン。」
T-ara「ミノに似てる。ミノの子供でしょ。」
T-ara「かわいい!」
T「ユグン、どのお姉さんがかわいい?」
T-ara「ユグン、こっちむいて!」
T「どのお姉さんが好き?かわいいお姉さんにこれあげて。」

~T-ara ウンジョン!~
T-ara「男の子と思ったんじゃない?」
M「お姉さんにバイバイして!」

~次は誰のところ?~
K「こんにちは。IU姉さんだよ。」
T「覚えてる?」
J「疲れてるの?また驚いてるのかな?」
IU「名前は?」
K、M「ジョン・ユグン。」
IU「こんにちは。こっち見ないね。」
K「お姉さんに、このキャンディーあげて。」
IU「ありがとう!」
K「じゃあ、TVで会おうね~。」

(SHINeeの楽屋に戻る)
T「ミノパパにもキャンディーあげて。」


013010.jpg

M「虫歯になるよ。」

T「テミンパパはどこにいる?」
Y(わからない)
T「パパ、泣いちゃうよ。」
M「テミン、あっち行って。ユグン、こっちおいで。」
K「ハハハ。」
M「テミンパパのとこ行って。ほら。」

~ユグンはちゃんとテミンのところへ~

013011.jpg

T「ユグン~!正解!僕のこと覚えてくれたね。」
M「ジョンヒョンパパは?どこ?探して?」

~見つけたけど…背を向けた~
J「…」 Y(ごめん…)

~ユグンの写真撮影~
(テミンを撮影)


013012.jpg

T「うわぁ!1,2,3って言ってよ。」

(ジョンヒョンを撮影)
J「そのまま撮ったら、うまくとれないよ。」

(ミノを撮影)

(Keyを撮影)
K「昨日…ファンがこれをプレゼントしてくれたんだよ。」

(パワーレンジャーを撮影)

(セルフカメラ)
T「上手だね。」
M「次のアルバムの写真用の写真?」


013013.jpg


きゃ~てみんがかわいい。ユグンに微笑むてみんがかわいい。
ミノにキャンディーを一緒になってあげてるてみんがかわいい
ユグンにふいに写真を撮られて口に手をあてるてみんがかわいい。

もうそろそろ、聞き飽きましたか?てみんがかわいい。

| SHINee☆Hello baby2 | 18:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1.26☆Hallo baby ep.2-1

お姉さんたちの永遠のロマン…「輝くSHINee!」

先週、スケジュールの後で突然マネジャーに道に置き去りにされ
どこかへ連れて行かれました。つまりは誘拐されたということ?
そして彼らがついたのは、韓国の伝統家屋。そこで何がおこったのか…

SHINeeのHello babyが始まったのです。
パパへのテストが続きます。パパになるのは簡単ではなかったみたい。
でもSHINeeは頑張って、テストに合格することができました。

ユグンは、とってもかわいい子供でした。
初めてあったのに、みんなはぎこちなくありませんでした。
それは、ユグンがミノに似てたから?

SHINeeパパと、ユグンの初めての生活がスタートします!

Coolなパパ、ミノ!
気難しいパパ、ジョンヒョン!
子供目線なパパ、テミン!
ママみたいなパパ、Key!
子供が怖い…おにゅパパ!

これから先、彼らは一緒に過ごすことができるのか?始まります!!


Y「パパ!」
M「ユグン、僕らお兄さんたちが君のパパだよ。」

~突然、ユグンがぐずり始めた~

M「兄さんがユグンのパパだよ。いい?」 K「ダメみたい。」
Y「ママ…。」(外をうかがい、ママを探し始める…)

~ママがいない…ユグンはまだ信じてないみたい~

(窓を開けようとするユグン)
J「やめて、やめて。寒いよ。」 M「ユグン、ママはいないよ。」
Y(本当?) T(困った…) Y(ドア開けて…)

~絶望的~
K「外に出て見たいの?」
Y(ママ…戻ってきて…)

M「ママは帰ったよ。」 T「平気?」

01301.jpg
~そのとき、緊急事態が起こりました!~
K「ユグン、どこに行くの?」

~撮影中断、SHINeeパパは緊急会議~
T「どうしたらいいの?正直、ユグンと僕通じることができると思ったけど…
 できないよ…。大きな壁がある。」
J「それは便秘みたい!?」 T「そう。便秘っていうの?」


01302.jpg


K「実際会ってみたら、考えてたのと違う…。」
M、T「どうだった?おにゅ兄さん?」
O「すごいかわいいね。でも、僕は近づけない!」
J「なんで?」

~子供が怖い、おにゅ兄さん~
M「ぼくが思うに、子供が声をだすとおにゅ兄さんはおびえるみたい。」
J「僕は、近くに走ってきたら少しおびえてるみたいに思う。」
O「子供の相手は難しいよ。」
K「僕は、彼とどうやって遊んだらいいかわからない。」

~先行きが心配~
M「未来は、明るくないね。」
T「とりあえず、目線をもっと低くしよう!」
N「何をしないといけないの?」

…30分後
~SHINeeパパの最初の作戦~
K「何かかわいいものを見せてほしいのかな?」

~子供が一番好きなもの、絵本を取りだす~(先週知った、本のジェスチャー)
K「これ見て?」 T「うわぁ~!」

~ユグンは興味を持ってくれたようです~
K「あった! なくなった! あった!…」
(ユグンが笑った!)

~SHINeeパパ、第二の作戦~
K「肩ぐるま~!」
M「ちょっと、どうやって乗るの!このままのると、バランス悪いよ。」
M「かわいい顔して!」

~子供の天使の笑顔!~

M「うわ!足どけて!足どけてよ!兄さんは疲れたから!降りたくないみたい。」

~ジョンヒョンパパががやってきて~
J「ユグン!なにするの?」(何がしたいかわからない…)
Y(肩にのりたいよ~)
J「肩にのりたいのかなぁ?僕の黄色い頭にのりたいの?わかった。」
(Keyに渡して、まずは座って…腕をつかむ…そして立ち上がる)
K「腕持って!」 J「腕?うで、うで、腕!」
K「腕持って立ちあがってよ!」 J「成功」

~肩ぐるまに成功!~
K「ユグン!そこはあまり高くないんじゃない?」

~ジョンヒョンごめん…うまくかばえないよ~
J「空気が違うんじゃない?低い?180cm?…もう降りる?こっち?」

~Keyパパに近づいていく~
J「ちゅうする?メロン~(※舌をだした顔のことみたい“ベロ~ン”)

~おにゅパパに近づく~
J「変なアレルギーの兄さんにして。」
Y「メ~ロン。」
J「次は、カメラ!カメラマンにメ~ロン!」

K「ユグン、おいで。誰が一番早くテミンのとこまで行けるか競争!」


01303.jpg
(テミンをスルー…ミノに抱きつく)


K「テミンより、ミノの方が好きだって。」

J「それじゃあ、誰が一番好きか試してみよう。みんなこっちに座って…
 壁に背中つけて座ってよ。」

T、J、M、K「ユグン、おいで!おいで~!!。」

~Key!!~
K「うわぁ~~!!」
M「腕が前にださないでよ。」
J「そうだよ、今のなしだよ。」
M「今のなし。腕を前に伸ばさないでやってみてよ。」
K「事実が全部解決するよ!」

~次は…ミノ!!~
M「ほら見た?こっちに来たよ!」

K「次は、3人の兄さんの中からだよ~。用意はいい?」
M「こっちじゃなくて、あっち見て。」

~まさかのおにゅ!!~
K「抱きしめて!」
Y「(パーカーの紐指して)これ…一緒。」
O「これ?」
T「僕のは?」(無視…)

K「次は2人から。用意はいい?」


~ジョンヒョンの前で止まった!~
01304.jpg



J「おいで!だっこしてあげる!」
J「メ~ロン!メ~ロン!!」


01305.jpg

T「今に見てろよ。捨てられた…。」

~テミンの元へ駆け出すユグン~
K「お~、お~!」
T「最後に来たよ。ありがとう。」


01306.jpg

前途多難な始まり…??
てみんの表情が、いちいちかわいいですね~!!

おにゅの怖がりっぷりがすごいですが、子供と少しずつ仲良くなれるといいですね。

「メロ~ン」って、日本なら「あっかんべ~」ってところかしら?勉強なるわ~^^

| SHINee☆Hello baby2 | 21:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT